• 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001
  • 1972GS001

Gibson 1972 Les Paul Deluxe Gold Top

72年製、Les Paul Deluxe。

製造年を推測するにあたり、シリアルナンバー、Gibsonロゴの形状、ボリュートの形状、トップのカーブから72年と判断しました。

ギター全体の塗装がしっかりと残っていて、ネック裏を見ても弾かれて塗装が薄くなった等の使用した形跡がほとんど見られません。
クリアコートが焼けてゴールドカラーに更なる深みを持たせ、ウェザーチェックは大きくうねるように現れています。

ネック側のピックアップが刻印ナンバードミニハムバッカーに交換してあります。
フレットとナットは交換済み、ブリッジは写真撮影後に70年代のGibsonの物に交換しました。
ポットはGibsonロゴ刻印の2016年の物に総交換済み。
安価なフィルムコンデンサが装着してあったので、当時のブラックビューティー0.025μF 400Vの未使用品に当店入荷後に交換しました。

トラスロッドには充分な余裕がありネックは現状で真っすぐです。
打ち変えられたフレットの減りはほとんどなく充分な山の高さが残っています。

4.5kgを超える物が大半ですが、この個体は4.2kgと当時では軽量の部類に入ります。

弾かれた形跡は少ないものの、弾いているとギターが起きだして生鳴りの音量と振動はどんどん大きくなりました。
弾き続ける事ですぐに激鳴りになるでしょう。

ミニハムバッカーの抜群の音抜けと図太い芯のあるレスポールサウンド。
コンデンサを交換した事で古いレスポールの音に変わり、レンジの幅が一気に広がりました。

ステッカードの時期より刻印の時期のミニハムバッカーはパワーや音抜けが更に増しているように感じます。

とにかく音の良いレスポールをお求めの方にオススメです。

他社製ハードケース付属。

■■大阪店在庫■■

販売価格(税込)
¥ASK-