• 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001
  • 1958FS001

Fender 1958 Telecaster 1953 Parts Modified Blond

58年製、Telecaster。

シリアルの刻印された53年のブリッジプレート、55年までのドーム形状コントロールノブとバレルスイッチノブ、ブラックピックガードに交換して53年当時の仕様に変更してあります。

ネックは若干Vがかっており、同年の形状としては珍しく肉厚のあるシェイプです。

トラスロッドには充分な余裕がありネック現状で真っすぐです。
フレットは6割弱程度の山の高さが残っており、ハイフレットはお止まり防止の為に擦り合わせて調整してあります。

※2019年2月23日
フレット(ヴィンテージサイズ)とナット(ボーン)を交換しました。
指板側の塗装には一切修正は加えていませんので、オリジナルの塗装のままです。
1〜12枚目と40枚目の写真はリフレット後に新たに撮影した写真に差し替えました。

生鳴りの音量と振動は尋常ではなく、ギターが腹の底から吠えているという感覚に鳴ります。
カラッと乾いた芯の太いテレキャスサウンド。

杢と鉄の音がしっかりあり、杢が強烈に振動しているのでトレブリーながら耳に全く痛くない音楽的なトーンです。

これぞ、いえ、これが正にテレキャスターサウンド!!
「音が良い」この一言に尽きます。

希少な50年代メイプルネックモデルをこの機会に是非!!

オリジナルフォームフィットハードケース付属。

■■大阪店在庫■■