• 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001
  • 1964FS001

Fender 1964 Stratocaster Lake Placid Blue

64年製、Stratocaster。

Pre-CBS期のスパゲティロゴ、そしてカスタムカラーLake Pracid Blue。
傷や打痕、塗装の焼けとウェザーチェックがありながらも、54年経過した事を考慮すると良好なコンディションを保っています。

フレット、ナット、ポットとセレクタースイッチ(共にオリジナル付属)交換。
一時期ネジ穴の違うピックガードが取り付けられた穴がありますが、現在はオリジナルのピックガードに戻してあります。

CBS傘下に入る前の過渡期の個体なのか、交換によるものなのか、グレイボビンとブラックボビンが混在したピックアップレイアウトになっています。
ポット3個のデータとAY氏のイニシャルスタンプのミドルピックアップのデータから考慮すると、夏から秋にかけての時期で、他のデータとズレはあっても、時代背景も考えると可能性的には否定できません。

トラスロッドには充分な余裕がありネックは現状でまっすぐ、打ち変えられたフレットの減りはほとんどありません。

ハリのあるストラトキャスターの生鳴りという印象が強く、しばらく弾いているとどんどん鳴りがよくなるのが分かります。
64年にしては太く肉厚のあるネックですが、握りにくいという感想はなく、むしろしっかりと握り込めるので弾きやすいです。

アンプを通すと突き抜けるような音抜け、これぞストラトという音色です。
ピックアップ同士はポジションによる音の変化はありますが、本質の部分での音の差異は感じません。

とにかく音が良いというのが本心での感想です。

オリジナルハードケース付属。

■■大阪店在庫■■