• 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002
  • 1972FS002

Fender 1972 Telecaster Candy Apple Red/Rosewood FB 1 Strings Tree

1972年製、Telecaster。

カスタムカラーのCandy Apple Red、1ストリングガイド、ファットグリップに1970年代では希少で人気の高いローズウッド指板の個体。

キャンディーアップルレッドはゴールドの上にクリアの赤を吹いてある為、ボディの右腕が当たる箇所のクリアの赤が退色してオレンジがかった色に変色しています。

フレット、ナット、セレクタースイッチ交換、ブリッジピックアップは元々ポッティングしてありますが、ハウリング防止の為に追加でポッティングしてあります。

テレキャスターのボディ材はアッシュ材がデフォルトですが、1970年代の塗りつぶしの色の物はバリエーションモデルを含めて、アルダー材やポプラ材を使用した物も存在しており本機はアルダー材を使用。

トラスロッドには充分な余裕がありネックは現状でまっすぐです。

打ち変えられたフレットはすり合わせ処理が施されていて凹みや特に減った箇所はありませんが、山の高さは6〜7割程度と低くなっています。

ネック強度が非常に強い為、生鳴りの振動と音量はとても大きくギター全体が本当によく鳴ります。

ポットはオリジナルで1MΩの物が取り付けてあるのでトレブリーですが、杢部がしっかり鳴っているので耳に痛くなく、突き抜ける様な音抜けとクリアなテリーサウンドです。

もちろん音の芯が太く、この年式の個体でも1960年代の個体に劣らない素晴らしい音色です。

その他についてはお問い合わせください。

付属品は写真にある物が全てです。