• 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009
  • 1966FS009

Fender 1966 Mustang White

1966年製、Mustang。

ボディ全体に現れたウェザーチェックとトップクリアコートの塗装焼けはあるものの白味は残っていて、年式から考慮すると綺麗なコンディションを保っています。

アームバー、ブリッジの高さ調整用のイモネジ(オリジナル付属)、ヴォリュームポット外部のコールド線のハンダがバージンではない以外は全てオリジナルです。

当店に入荷した時点でブリッジの高さ調整用の片方のイモネジのレンチを差し込む穴がなめっていて機能しなかったので、ストラト等のサドルに使用するイモネジに交換しました。(もう片方も念の為に交換しました)

トラスロッドには充分な余裕がありネックは現状で真っ直ぐです。

トラスロッドはスタート地点なので、ネック材だけで弦の張力を耐えるほどの強度の強さがあります。(トラスロッドナットはロッドが効き始める位置にしております)

オリジナルのフレットは元々低い物が使用されており、それを考慮した場合8割以上の山の高さが残っています。

現在、一般的にヴィンテージサイズと言われるフレットから見た場合は6割程度の山の高さです。

12フレット以降のチョーキング(特に1、2弦)で音が止まってしまわない様に弦高をセッティングしました。

6弦12フレットで約2.1mm、17フレットで約2.3mm、1弦12フレットと17フレットで約2mmです。

生鳴りの音量と振動は共に大きく、追い柾目の木取りのネック材の強度があっての事と頷けます。

アンプを通した音はただ一言「良い音」です。

ムスタングがこれほど音が良いギターだったか?と思ってしまいますし、あえて付け加えるならば、音の芯の太さ、音抜け、レスポンスが速い等、ありきたりな言葉しか出てきません。

ただ音が良いだけのムスタングです。

付属品は写真にある物が全てです。

入荷アイテムや最新情報は【Twitter】で公開しております。

通常価格(税込)
¥385,000
販売価格(税込)
¥385,000
在庫状態
売り切れ
売り切れ