• 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001
  • 1969GS001

Gibson 1969 Les Paul Deluxe Conversion Gold Top

69年製、Les Paul Conversion。
ボディトップに現れたウェザーチェックと緑陽による貫禄のルックス。

ピックアップをフルサイズハムバッカー(Seymour Duncan Antiquity)に交換してあるコンバージョンモデル。
フレット、ナット、ブリッジ、テールピース、トラスロッドカバー、セレクターノブ交換。

この時期のレスポールの大半は4.2kg〜重い物では4.6kgを越える重量がありますが、この個体は3.9kgと軽量です。
ピックアップキャビティ加工以外杢部に一切手は加えてありません。
ストラップを着けて構えた時のバランスの良さは重量のある同モデルでは考えられない安定感。

パンケーキボディからデラックスを元に改造してある事が分かりますが、ノンヴォリュートネックなのでデラックスへ移行して間もない過渡期の個体です。

トラスロッドには充分な余裕がありネックは現状でまっすぐ、交換してあるフレットの減りはほとんどありません。
ネック強度が非常に強いので生鳴り音量と振動は大きく、よく乾いたマホガニー材が使用されている為、ボディへ充分伝わりギター全体が本当に良く鳴っています。

アンプから出力される音色は王道のレスポールサウンド。
軽量過ぎるので低音がないかと思いますが、重量に反し引き締まった低音がしっかりとあります。
音の芯が太く抜けも良く、サスティーンの長さも充分、倍音量の豊かさも申し分ありません。

ピックアップはお好みで交換して楽しまれるのも良いかと思います。
奇跡の重量、バランスの良さ、コンディション、音の全てが相まった最高のレスポールモデルとしてお勧め致します。

オリジナルハードケース付属。

■■大阪店在庫■■

通常価格(税込)
¥864,000
販売価格(税込)
¥864,000
在庫状態
売切れ
売切れ