• 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002
  • 1961GH002

Gibson 1961 ES-330TD w/Maestro Vibrola Tobacco SB

61年製、ES-330TD w/Maestro Vibrola。

オプションのMaestro Vivrola搭載の希少な個体で、パーツ交換の少なくオリジナル度も高いです。

前オーナーが入手してノンブランドのブランコテールピースに交換して約15年位使用したらしく、サンバーストの退色がその形状とオリジナルマエストロの2段階のグラデーションになっています。
マエストロユニットで隠れるトップ部分はその形状のまま塗装の焼けが少ないです。

17フレットのポジションマークが剥がれた為の補修。
マエストロアームを構成するネジを固定するネジは交換してあります。

ボディ全体にウェザーチェックやバックル傷はあるものの、57年経過したギターとしてみると良好なコンディションを保っています。

ヴィブラートユニットを外していた事もあって、アームを動かした際にネジが緩んで宙ブラリになる事もありません。

トラスロッドには充分な余裕がありネックは現状で真っすぐです。
オリジナルのフレットは約8割弱の山の高さで、所々すり減ったりローフレットに凹みはありますが、現状で演奏に支障をきたす事はありません。

ボディは芯材のないフルアコースティック構造で、生音では適度な音量で響きます。
フルアコ構造のエアー感のある生鳴りは弾いていてとても心地良いです。

ネックがしっかりしているのでフルアコ構造という事を除いても、音量だけではなく振動も大きいです。

入荷後、ピッチ調整、倍音調整、両ピックアップのバランスとバイト音調整を施しました。

調整後の音はそれまでとは打って変わって素晴らしいものになりました。
ちょっとやそっとの事では出会う事のできない人に偶然会う事ができた、そんな音です。

オリジナル度やレア度もさる事ながら、音を追い求めている方には是非弾いてこの音を聞いて欲しいです。
聞いていただければ全てお分かりいただけます。

オリジナルハードケース付属。

■■大阪店在庫■■

販売価格(税込)
¥ASK-